整形外科医の仕事内容や役割について

人間の体には歩くことや座ることなど基本的な動作を含め運動するための器官・組織がさまざまありますが、それに何らかの疾病や、あるいは怪我などによって問題が生じた際に診療を行うのが整形外科医の主な役割となっています。

骨はもちろん、靭帯や神経、脊椎や骨盤など、体のあらゆる部分の診療を行い、患者の機能回復を目指すとともに、社会復帰のお手伝いをしていくことが整形外科の分野で働く医師の仕事なのです。

これだけ多くの部位や箇所の診療にあたるため、患者数も多く、非常にニーズの高い診療科目の一つとなっています。
高齢化社会が進行することで、より一層怪我をする人が増えたり、あるいは病気を患う患者が増えていくことが予想され、そのニーズはこれからも間違いなく高まっていくことになるでしょう。

対象患者は高齢者にとどまらず、子供やスポーツをしている若者なども含まれるため、すでに内科に次いで多い患者数となっている整形外科
他の分野の医師が転科する先としても、注目を浴びている診療科目となっています。

整形外科医の仕事内容は、疾病や怪我によって治療等が必要になった患者及びその家族などとコミュニケーションを取りながら、さらには診察・検査等を行い、必要に応じて手術を実施すること。
大まかに言えば、このような仕事内容とその流れとなります。

手術に関するスキルや経験の必要性

整形外科に勤める医師の仕事内容は上で説明した通りですが、これはあくまでも基本的なものであり、勤める医療施設によってその職務内容には違いが出てきます

医師の募集を行っている医療施設を調べたり求人を具体的にチェックしてみると分かりますが、例えば、手術のできる医師を探している病院がある一方で、病棟管理や外来のみで人材を探している医療施設も少なくありません。

後者のような医師募集の仕方をしている医療施設は、具体的には無病床のクリニックであったりリハビリ専門病院であるケースが多く、それぞれの運営方針によって手術の有無など職務内容が異なっているのです。
手術が必須の医療施設では、当然そのためのスキルや経験が求められます。

実際にオペをして経験を積みたい医師もいるはずですが、年齢や働き方を考えた時に必ずしもオペにこだわっていない整形外科医もいるかもしれません。
自らの経験や経歴、実績、あるいはキャリアプランなどと照らし合わせた上で、医師募集の内容をよくチェックし、慎重に転職先を選択してみてはいかがでしょうか。

整形外科医に向いている性格や特性とは

知識と経験だけではなく体力や気力も必須

骨、腱、神経、それらは全身に存在していますが、さらには関節や軟骨、脊椎や椎間板など、非常に多くの部位を診療する必要があるのが整形外科医です。
これだけ広範囲に渡る診療部位があれば、それだけ知識が必要になることは当然のこと。

また、赤ちゃんや子供から大人、お年寄りまで患者層も幅が広いため、それぞれで異なった対応をしなければならないことも多く、特に治療方針に関してはさらなる臨機応変さが求められることから、知識と同様に多くの経験も必要になってくるでしょう。

整形外科医に向いている人の特徴は、まさに豊富な知識と経験の持ち主であり、それを適切な場面で発揮できる臨機応変さの持ち主であると言えるのかもしれません。

整形外科の医師募集を見てみれば、その多くは入院設備のある病院が多いことが分かります。
こうした医療施設で働く場合、当直やオンコールに対応しなければならないこともあるため、体力や気力も持っていなければ整形外科医として働いていくのは難しいでしょう。

病気だけではなく怪我の診療を行い、状態によっては緊急手術もしなければならない整形外科。
この点でも体力が必要になるとともに、すぐに活発に動けるような体質でなければ、やはりこの分野で働き続けることはできないのではないでしょうか。
実際に、整形外科医に向いている人の特徴として「元気&ガッツのある人」であると言う医師もいます。
この点は間違いないでしょう。

近年強く求められてきているコミュニケーション能力

病気や怪我を負った患者に対して手術をするのみが、整形外科で働く医師の役割ではありません。
これも整形外科の医師募集の求人等をチェックすると分かりますが、多くは外来も担当することになります。
むしろ、外来業務が一切ないとしている求人は、まず見つけることができないでしょう。

ここで必要になるのが、コミュニケーション能力です。
上でも説明したように、この分野の医師は非常に多くの部位を診なければならず、また、患者層もさまざまです。
よく話を聞きながら、どの部分にどのような異変があるのか、患者は何を訴えているのかを正確に判断しなければなりません。

コミュニケーション能力のない医師は、正しい判断をするための情報を獲得することが難しいため、患者と意思の疎通が図れない医師は、この分野には向いているとは言えないでしょう。

患者はもちろん、その家族ともコミュニケーションをとる必要があり、近年は特に医療施設側もこの能力を医師に求める傾向が強くなっているため、整形外科の医師も当然のように必須のスキルとなるのです。

他の医師や看護師、リハビリ関係の職員なども含め、他者とコミュニケーションを十分にとることができれば、この点においては整形外科医に向いていると言えるのではないでしょうか。
このように医師転職に失敗しないためには、どういった人物が求められているのかを求人情報や市場動向からチェックしておく必要があります。