0view

整形外科専門医の資格取得でキャリアアップを目指す

整形外科専門医の資格取得でキャリアアップを目指す

専門医資格の重要性と資格取得に必要なこと

他の診療科目と同様に、整形外科にも専門医の資格が存在しています。
少し前までは、専門医などになってもあまり意味はなく、仕事をする上でもメリットや活用できる場面がないと言われていました。
今でもそうした考え方を持っている医療専門家はいるかもしれませんが、その様子が少しずつ変わってきていることも確かです。

そのため、整形外科医が敢えて整形外科専門医の資格取得を目指す、これは悪いことではありませんし、むしろ非常に有意義なこととなるでしょう。
絶対にそうであるとは言えませんが、整形外科専門医の資格取得者は、そうではない整形外科医と比較しても専門的な知識を有し、一定の診療スキルを獲得しています。

資格を取得していないだけで多くの経験を積んできた医師の中には素晴らしい知識やスキルを持っている医師もいるはずですが、少なくとも専門医資格はそれを自他共に認める手段となるため、その重要性は非常に大きいと言えるでしょう。
キャリアアップにももはや欠かせない専門医の資格
積極的に目指すべき対象となるはずです。

この資格を取得するには、日本整形外科学会の会員である必要があり、加えて、同学会が認定した医療施設で臨床研修を一定期間積まなければいけません。
この、認定施設で臨床研修を受けるだけでも、その経験がない医師と比べればキャリアアップのための土台を作ることに寄与するはず。
受験資格を得たのち、試験に合格すれば、晴れて整形外科専門医となることができます。

専門医資格は転職にどう影響するのか

転職サイトなどに掲載されている医師募集の求人票、こうしたものを眺めてみても、例えば応募資格の欄に「専門医有資格者」などと書かれていることはほとんどありません。
少し前までは専門医の資格など役に立たないと言われていた理由はこうした傾向にもあったようです。

今でも、求人レベルで見ればその傾向は続いているものの、しかし、実際に採用するかどうかの場面になると、専門医資格を重視する医療施設も増えてきているといいます。

一般の患者にも整形外科専門医というものの存在が知れ渡るようになり、その資格を持っている整形外科医に診てもらいたいと考える人が増えたことが影響しているのでしょう。

医師募集をかけている医療施設側も専門医の資格を有している医師なら安心感があるでしょうし、経歴が似通っている応募者が複数いた場合、この資格の有無で最終的な判断をする病院や診療所も少なくはありません。

キャリアアップのためのみならず、転職にも一定の有効性を持つ専門医資格。
持っているに越したことはないでしょう。

0view

整形外科分野における勤務医と開業医の違い

整形外科分野における勤務医と開業医の違い

働き方や給料に見られる違い

同じ医師でも働く分野によって収入には差が出てきますが、診療科目のみならず勤務医か開業医かでも給料の違いが出てくるでしょう。
病院などに勤務する整形外科医の年収は、1,400万円から1,500万円程度と言われています。
この額は他の診療科目と比べた時には非常に優遇されており高めです。

整形外科分野の医師募集の求人は数多く出ていますが、それを見てもこのあたりの額が並んでいます。
需要の多い内科でも1,000万円を下回る給与額の求人をしばしば見つけることができますが、整形外科に関しては1,000万円を下回る給与額は珍しく、むしろ見つけるのが難しいでしょう。

開業医は、平均で2,000万円を超える年収が得られるというデータがあります。
あくまでも平均額を見た場合に限りますが、自ら開業している整形外科医の方が明らかに優遇されていることがわかるはずです。

給与の違い以外にも勤務医と開業医では違いがあります。
それは、働き方。 勤務医は文字通り病院などに勤務しているため、勤める医療施設の方針ややり方、理念などに従わざるを得ません。
それらに問題があると感じたとしても自分の意志でそれを改善させることはできないのです。

自ら開業している医師であれば、その診療所やクリニックの方針ややり方、理念なども自ら決定することが可能。
これは大きな違いとなるでしょう。

勤務医への転職か開業を視野に入れた転職か

給料の違いにとどまらず働き方の違いに関しても見ていきましたが、これらを踏まえた上で、では今後どのようなキャリアプランを設計していくのか、ここが重要な点となるでしょう。

転職を視野に入れいていれば医師募集の求人にはすでに目を通しているかもしれません。
病院の規模もさまざまであり、一足先に開業している医師が求人を出しているケース、つまりクリニックや診療所からの募集案件というものも目にするはず。

もし将来的に独立開業を目指すのであれば、クリニックや診療所への転職を検討してもいいのではないでしょうか。
ただ、規模が大きく症例数の多い病院に勤めた方が経験を積むという面では有利となるため、何年後に独立開業することを目指しているのか、この点もよく考えた上で転職先を決定することを意識しなければいけません。

確かに収入面では病院に勤務するよりも自ら医院を構えた方が有利ではあるものの、その裏には思うように利益を上げることができずに廃業した整形外科医がいることも頭に入れておきましょう。

開業すれば必ず成功するわけではなく、また、運営や経営にも追われ診療に専念できないかもしれない、そんなリスクも知りつつ転職先を検討していくことをお勧めします。

  • 1